お知らせ・イベント報告

医療職対象の研究発表会で認知症予防ビビンバランチを提供させてもらいました。認知症予防の食事に関する研究は米国でMIND食というものがあります。

MIND食について詳しくは「StOP!認知症.net」へ。

日本の食文化に合った内容に応用することため、今回はいくつかのポイントがありました。その一つがきのこ類をプラスすることでした。

きのこは老化との関連で最近の研究ではビタミンDを摂ることによって老化を進める原因となる物質(AGEs:終末糖化産物)が減ることと関連があるとの報告(http://www.jbiomed.com/v01p0001.htm)や、

筆者の研究でもきのこを食べることは多いに老化防止との関連がありそうです。

きのこと認知症の関係についてはこちらで紹介しています。

35名分、しかも多様な食材を使うことで人手が必要でしたが本当に多くの皆様に助けられ、支えられました。

喫食した皆さまから大満足のお声をいただき有り難かったです。


ひとりの力はちっぽけなものであり、皆さまのパワーが集結するとすごいパワーになることも改めて痛感しました。


来年も多くの皆さまを巻き込んでより良いものを提供できるよう努めていきたいと思います。ありがとうございます、引き続きどうぞよろしくお願いします!

2017-12-16 11.44.28-2.jpg 2017-12-15 19.52.27.jpg 2017-12-16 13.26.45.jpg

2017-12-16 11.36.20.jpg 2017-12-16 13.26.37.jpg 2017-12-16 12.46.45.jpg

12.6 お魚講習会.png

京都市内の保育園でお魚講習会を実施しました。初めてご依頼があった園、ドキドキでしたが大盛況でした。会場となったホールがちょっとノスタルジックですが給食室からホール全体が眺められる配置で、動線が良くとても機能的。
そして園児たちが本当に五感を使って楽しんでいました。
パペットを使う技も北欧の研究者からアドバイスをいただきました、なるほど不思議と子どもたちの集中力アップです。
普段見ることのない深海魚、今日のカジカやザラピクニンは一段とハンサム、かっこよかったです。スケソウダラのお腹からはタラコ、当たりです!真鱈の胃袋からはイカや白身魚が半分消化した姿で出現しました。
その後、年長さんはすり身を使ったちくわ作り。青海苔や白胡麻を好みで混ぜて正座でモミモミ。おいしくなーれの呪文を唱えながら上手に丸めていました。お昼ごはんは給食室とも連携して本日のメインは網走から一緒に空輸したフィレを使った鱈の和風あんかけ。おいしそう!いつもはお魚をあまり食べないのという女の子も今日は食べれた、オイシカッタって小さな声で教えてくれました😊...
オホーツクの海から水揚げしたてのお魚をご提供してくださった朝倉社長に見せたかった笑顔でした❤️
園長も感動していて、また次がありそうな予感です。パワーをもらった1日でした。
引き続き出張講習会を受付けています。ご興味がある方はお気軽にこちら(http://www.nutscreate.com/
)までお問い合わせくださいませ。大人向け、学生向けも🆗、どちらでも伺います。

 

ちくわづくり.JPG

今年2月に訪問した保育園から連絡があり、M園でのはじめてのおさかな講習会をします。

今年はサケが不漁なので今回もタラを使います。

スケソウダラのすり身を使ってちくわ作りもします。楽しみです。

P7080088.JPG ちくわづくり.JPG

★この食育活動は実際に目で見て(視覚)、匂いを嗅いで(嗅覚)、触って(触覚)、味わって(味覚)、音を聞いたりして(聴覚)体験することを大切にしています。

教えるというような教育ではなく、実体験をもとにして「感じる」ということを伝えていくことによって子どもたちが自分で本当に体に良い食べものを選び、

食べていくことによって健康な体を自分で作るというSapere Method(サペレメソッド)を基本にしています。

この構造化されたプログラムはフランスで始まったピュイゼメソッドを基にしていますが、さまざまな国の食文化や状況に合わせられるようにシンプルな手法です。

主に北欧諸国のフィンランドやスウェーデン、デンマーク、そしてオランダ、スイス、イギリスと広がっています。

そして今、スウェーデンでは高齢者に対しても実践し始めています。

ご興味がある方はお気軽にご相談くださいませ。

音吹さん野菜.JPG 子どもたちにタラを見せる.jpg

おさかな・おやさい講習会のイベント終了しました。昨年に引き続き今年も大盛況。子どもさん&大人含めて40名弱。

しかもとても皆さん熱心で、できあがった料理もぱくぱく食べてくれました。ホントに皆さん喜んでくださって良かったです!

今年も北海道オホーツクの網走から立派なお魚が新鮮なまま届きました。マダラも大人気でしたが、いろいろな深海魚や雑魚ちゃんも大人気。

観察も解体も楽しかったです。

そして野菜も素晴らしい根菜類で、こちらは特にお母さんたちが興味津々。

すごく大きい大根は北海道津別町の矢作さんの有機栽培のビッグな大根。11月初旬に空輸して、ずっとこの日のために保管していました。

そして京都大原の音吹畑さんの野菜も、前々日に畑から引っこ抜かせてもらいました。

参加してくださった皆様、そして児童館のみなさま、保育園の先生方、本当にありがとうございました!

このような体験型の食育イベントはとても大切だとあらためて痛感。ぜひうちの園でもやってほしいという方がいらっしゃいましたら是非ご連絡くださいませ。

きっと大満足のイベントになると思います!!!

 子どもたちにタラを見せる.jpg 11.15 お魚お野菜講習会 (1).png タラを見せる.jpg 雑魚アップ.JPG 野菜並べた.JPG

保育園で6回目となる「味の教室」を実施しました。三種類のぶどうをラッピングした小箱に入れてまずは手の食感だけで何を感じたかを自分の言葉で表現。皆、興味津々でドキドキ。おさるちゃんのデモも真剣に見て楽しんでくれました。匂いの違いもよくわかり、それぞれを味わった後は自分の好きな味にシールを貼ります。今回はちょっとかわいい❤️のシールにしたら大喜び。「お家で見せるねー。」と嬉しそう。是非、ご家庭で子どもたちからあれこれと話してほしいなと思いました。最後は先生に目隠しをしてもらい、大きな箱に手を入れたら子どもたちは大喜び。先生方のリアクションが素敵でした。
終了後にまた来年も継続をと園長先生から熱いオファーを受けました。準備や打ち合わせなどを手を抜かずやってきたので嬉しいです。他の園でも進めていく予定ですので興味ある方はご相談ください。

PA250120.JPG PA250152.JPG 2017.10.28 味の教室.png

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...